理不尽な風邪ひき達

理不尽な風邪ひき達

理不尽な風邪ひき達

 

風邪をひいていてマスクをしていない人には腹が立ちます。

 

注意されると逆ギレしたり、自分が正しいと思い込んでいる人達は、
他人の忠告を聞こうともしません。

 

風邪は病気がうつることが分かっているのですから、悪質な行為です。

 

しかし私も含めて理不尽を我慢してダンマリを決め込んでしまう人が
多いです。

 

これでは思う壺で他に被害者が出てしまうのも時間の問題です。

 

皆さんそうですが、私も今まで我慢し過ぎて生きているのが
嫌になったことすらあります。

 

当然、迷惑行為を働いているのが悪いのですが、
野放しにしない社会を作る必要があると思います。

 

その為にも先ずは職場などで、社訓とまではいかなくても、
他人の迷惑を顧みない人には注意し、場合によっては
ペナルティを与えるべきです。

 

謹慎や降格処分を下すのもありかもしれません。

 

馬鹿馬鹿しい話しですが、自分勝手な人には
やり過ぎな位が丁度いいと思います。

 

先月も職場の隣の席の人が咳をしていて、疎ましく
思ってましたが、その人は一ヶ月経っても治る気配がなく、
実際どれだけ影響したか分かりませんが、鼻水が
止まらなくなるタイプの風邪をひきました。

 

今後は上司だろうが注意すべき点は注意して、
間違いを正していきます。

 

ビタミンCの追いのみで風邪を撃退!

 

私は普段からビタミンC剤は欠かさず飲んでいるんですけど、
風邪のひき始めを感じるとこれを大量に飲むようにしてるんです。

 

ビタミンC剤の「追い飲み」ですね。

 

ビタミンCの1日許容量は1000mgとされていますが、
まぁこれでは全く足りません…ビタミンCは人体に必須で
あるにもかかわらず人体では生成できず、外部から取り入れるしかないんです。

 

しかも体内で貯蔵できずにすぐ尿として流れでてしまうので、
常に補給が必要なんです。

 

人間は常時「ビタミンC欠乏症」と言ってよいかもです。

 

風邪の時などは体内のビタミンC需要が更に高まるので、
いつもにまして補給が必要なのですね。

 

私の場合は1時間おきに1000mgカプセルを1錠、
7時間に渡って飲み続けます。

 

これ以上飲むとビタミンCの軟化剤としての作用が働き、
お腹を壊してしまうので私の場合は7錠です。

 

これは人によって様々なので、自分でお腹が緩くなっちゃう量を
確認する必要がありますね。

 

この方法を試すようになってから、風邪はひき始めだけで
すぐ完治するようになりました。

 

以前は年末年始に風邪で会社を休むことが多々ありましたが、
現在は冬の体調は万全です。

 

ありふれた錠剤なので費用もかからず、大変効果的だと思います。

 

風邪予防に免疫力の強化

 

風邪は特定のウイルスであったり菌から発症するわけではないので
特効薬はないといわれています。

 

そのために基本的には自然治癒で治していくことになります。

 

かかってしまっても解熱であったり、のどの痛みや鼻水を止めるといった
部分的な症状緩和での対処になります。

 

そういうことからやはり予防ということが重要になってきます。

 

最大の予防は免疫力の強化です。

 

同じ状況下においても風邪をひいてしまう人とひかない人がいるのは
この免疫力の違いによるところが大きなところです。

 

免疫力が低下するのは睡眠不足や栄養価の低下、過度の仕事や
ストレスなど無理な生活が原因でなってしまいます。

 

つまり免疫力を挙げるためにはその逆の生活を
心がけるということが大切です。

 

十分で質のよい睡眠、バランスのいい食事で栄養分をしっかりとること、
仕事でのストレスをためないようにして、適度な運動をして体を
鍛えておくということが免疫力の強化につながります。

 

多くの項目がありますが、できることを一つでも増やしていくことでも
現状よりも免疫力はアップしていくはずです。

 

免疫力を普段からアップしておけば、また風邪にかかってからの
回復力も格段に違い、早く健康を取り戻せます。